メールでのお問い合わせ お電話でのお問い合わせ

稲沢市、一宮市、北名古屋市でリフォーム・リノベーションなら田畑建設

稲沢市、北名古屋市の田畑建設 リフォームやリノベーションのお問い合わせはこちらまで
Blog

スタッフブログ

2022.12.20

冬の寒さ対策となるリフォーム

12月も中旬となりより一層寒さが厳しくなってきました。
11月まではそこまで寒さを感じませんでしたが、12月に入って一気に寒くなったなぁと感じるのは私だけでしょうか。さらに寒波もやって来る予定で12月下旬から1月上旬にさらに寒くなるようです。
寒くなってくると家から出たくなくなるものですが・・・家の中が寒い!と言うことはありませんか?
ストーブやエアコンなど暖房器具を使用しているのに、冷んやりと寒く感じる。
家も寒いなんて我慢できないですよね。
今回は寒さ対策となるリフォームをお伝えしていこうと思います!
(冬だけでなく、年中快適に過ごせるリフォームでもあります。)

窓にシャッターを付ける

窓のシャッターも寒さ対策になります。
最近の新築分譲住宅ではこのシャッターが付いていない物件が多くなっています。
シャッターによって、冷気が窓ガラスを冷やし冷やされた窓からの熱が家全体に伝わることで寒さを感じます。
そのため、雨戸、シャッターを取り付けることでも窓からの冷気侵入を防ぐことができます。

とくに、外側の窓ガラスは常時外の冷気と接しているため、シャッター等でカバーすることにより、冷気の侵入を抑えることができます。ただし、冬場であっても部屋の中は日射により暖かくなるため、雨戸やシャッターを閉めるタイミングは太陽が落ちる前に行うのがベストです。

床暖房や全館空調を導入する

窓から入る冷気を防げるようになると防寒対策に役立ちますが、お部屋をより一層温めるためには、空気を温めてくれるエアコンなどの暖房器具などを併用する必要があります。

エアコンなどの他には、最近のお家でよく見かける床暖房や、全館空調などもオススメです。
全館空調は、導入にはコストもかかりますが輻射式冷暖房パネルによって、冬はエアコン1台で約40坪の家の1階から2階まで家全体が温まります。
もちろん、エアコンが効きやすいと言うことは、夏も快適に過ごす事ができます。
費用は掛かりますがオススメのリフォームでもあります!

窓を2重窓にする

床暖房の紹介をしましたが、窓の寒さ対策で1つ忘れていました。
それは「2重窓」です。
窓を二重窓にリフォームすることで、冷暖房の熱を外に逃がずに済み、夏は涼しく、冬は暖かく過ごせるようになります。また、冷暖房が効くようになるため、年中を通して省エネ効果があります。

二重窓にはガラス、サッシに結露防止、または防音機能性が加わったものもあり、希望に応じて選ぶことができます。ただし二重窓になると、鍵が2つとなるため、窓の開閉時に手間がかかるデメリットがあります。

断熱リフォームをする

断熱リフォームとは、熱の伝導を抑制する断熱材を家の壁や屋根、床に入れることをいいます。断熱リフォームには、主に以下のような2つの方法があります。

  • 壁、屋根、床に断熱材、断熱パネルを入れる
  • 断熱塗料で塗装する

家に断熱材や断熱塗料を用いて断熱リフォームすることにより、室内側の壁と室外側の壁の間に空気の層ができ、壁から入ってくる冷気を抑制することができます。ただし、断熱リフォームは建物の規模やリフォーム箇所によって費用が数十万円〜数百万円ほどかかるため、予算をよく検討した上で行いましょう。

また、断熱材は熱を完全に遮断するものではなく、熱を反射する遮熱シートと併用して使用することで効果が最大化します。

自身でできる寒さ対策について

では、ここからはご自身でもできる簡単な寒さ対策をご紹介します。
リフォームまではちょっと・・という方も少しの工夫で寒さを和らげる方法をご紹介いたします。

厚手のカーペットやラグを敷く

床から伝わる冷気は、厚手のカーペットやラグを敷くことで対処できます。
とくにカーペットやラグの生地が厚手のものであるほど、床からくる冷気をシャットアウトできます。
ただし、カーペットやラグの場合は敷いた箇所しか床から伝わる寒さを防ぐことができず、生地が厚手になるほど洗濯が大変になるというデメリットがあります。

カーペットの下などにアルミシートを敷く

アルミシートには保温効果を高める作用があるため、床の寒さ対策にもおすすめのグッズです。
また、アルミシートを室内の防寒対策として使う際には、、カーペットの下に利用することでより防寒効果を見込むことができます。アルミ単体よりもカーペットの下に敷いた方がインテリア的にも見映えが良いのでオススメです。

断熱効果を持つ壁紙を貼る・カーテンを変える

家の壁に断熱シートなど、断熱効果を持つ壁紙を張ることで、壁と部屋の間に空気の層ができるようになり、冷気を抑制することができます。さらに防音効果も期待できるため、深夜の足音が気になっている方など、日頃から騒音に悩まされている方にもおすすめです。
また、窓からの冷気にお悩みの方はカーテンを変えるのもオススメです。
厚手の物変えてみたり、最近は遮熱効果のあるカーテンもあります。カーテンの生地だけでなく、冷気は下の方から室内に入ってくるので長さを変えてみるのも有りかもしれません。
北海道や東北のご家庭では冬用のカーテンを用意しているお家もあります。

いかがだったでしょうか?
リフォームによって大切なお家時間を快適に過ごしやすくするのも良し、ご自身の一工夫で快適にするのも良し。
家は人生の多くの時間を過ごし、大切な人と過ごす場所でもあります。
田畑建設では皆様の日々の暮らしを楽しく、住みやすくするノウハウをたくさん持っています。
お気軽にご相談ください。
皆様の出会い一つ一つを大切に!
では失礼いたします。